xamppにインストールしたwordpressを手動でアップデートした

ローカル環境でワンクリック更新が出来ない時があるのでメモ書き。

  1. 1.データベースをバックアップ
  2. 2.サーバ上にある全ての WordPress ファイルをバックアップ.htaccess ファイルをお忘れなく。
  3. 3.取得したバックアップファイルを検証。ファイルが存在するか、使える状態であるか。
  4. 4.全てのプラグインを無効化
  5. 5.以上 4 ステップを確実に完了させる。完了するまでアップグレードしないでください。
  6. 6.http://wordpress.org/download/ (日本語版は http://ja.wordpress.org/ )から新バージョンの WordPress パッケージをダウンロード、展開
  7. 7.サーバ上の古い WordPress ファイルを削除。ただし、次のものは削除せずに残すこと。
    • wp-config.php ファイル
    • wp-content ディレクトリ
      • この中の wp-content/cache ディレクトリと wp-content/plugins/widgets ディレクトリは削除。
    • wp-images ディレクトリ(あれば)
    • wp-includes/languages/ ディレクトリ (言語ファイルをあえてここに置いている場合)
    • .htaccess ファイル (パーマリンク設定をしている場合)
    • robots.txt ファイル (ブログがルートにあって、このファイルを作成している場合)
  8. 8.上記 6 で展開した新バージョンのファイルをサーバへアップロード
  9. 9.ブラウザで管理画面にアクセスし、画面の指示に従ってデータベースアップグレードプログラムを実行
  10. 10.パーマリンク設定画面でパーマリンク構造を更新。必要であれば手動で .htaccess ファイルのカスタムルールを差し替える。
  11. 11.プラグインとテーマを新バージョン対応版に更新
  12. 12.プラグインを有効化
  13. 13.wp-config.php ファイルにセキュリティ・キーの定義を追加する
  14. 14.WordPress の変更点を見直す

参照:WORDPRESSフォーラム -WordPress のアップグレード/詳細
TechAcademyマガジン-WordPressを最新版にアップグレードする方法【初心者向け】 も参考にさせていただきました。

 

上記手順に従ってファイルの削除と上書きをしてみましたが、ログインし直しダッシュボードを確認しても「データベースの更新をして下さい」の画面は出ませんでした。

また、更新画面を確認したところ「

最新バージョンの WordPress をお使いです。

」とあったので成功したようです。

WORDPRESSフォーラムには

WordPress がデータベースのアップグレードの要否をチェックして、必要であれば、次のリンクが表示されます。

This link will lead you to run the WordPress upgrade script by accessing wp-admin/upgrade.php. Follow the instructions presented on your screen.

とあるので、今回は必要なかったようです。