カスタム投稿タイプを作成する

色々な設置方法がありますが、私は今のところこのコードで設置してます。

プラグインでは『Custom Post Type UI』が便利でした。

 

function create_post_type() {
$exampleSupports = [  // supports のパラメータを設定する配列(初期値だと title と editor のみ投稿画面で使える)
'title',  // 記事タイトル
'editor',  // 記事本文
'thumbnail',  // アイキャッチ画像
'revisions'  // リビジョン
];
register_post_type( 'examplepost',  // カスタム投稿名
array(
'label' => 'ギャラリー',  // 管理画面の左メニューに表示されるテキスト
'public' => true,  // 投稿タイプをパブリックにするか否か
'has_archive' => true,  // アーカイブを有効にするか否か
'menu_position' => 5,  // 管理画面上でどこに配置するか今回の場合は「投稿」の下に配置
'supports' => $examplepost,  // 投稿画面でどのmoduleを使うか的な設定
)
);
}
add_action( 'init', 'create_post_type' ); // アクションに上記関数をフックします

//カスタム投稿タイプにタクソノミーを追加
register_taxonomy(
‘examplepost_taxonomy’,  // 追加するタクソノミー名(英小文字とアンダースコアのみ)
‘examplepost’,  // どのカスタム投稿タイプに追加するか
array(
‘label’ => ‘カテゴリー’,  // 管理画面上に表示される名前(投稿で言うカテゴリー)
‘labels’ => array(
‘all_items’ => ‘カテゴリー一覧’,  // 投稿画面の右カラムに表示されるテキスト(投稿で言うカテゴリー一覧)
‘add_new_item’ => ‘新規カテゴリーを追加’  // 投稿画面の右カラムに表示されるカテゴリ追加リンク
),
‘hierarchical’ => true  // タクソノミーを階層化するか否か(子カテゴリを作れるか否か)
)
);

参考:カスタム投稿タイプの作成からトップページへの表示までの流れ/ジャンクワードの森

参考:ちょっと手間取った!WordPressで複数のカスタム投稿タイプを設置する方法

参考:任意のカスタム投稿タイプの記事一覧を表示させる